社協とは
地域福祉
ボランティア活動
ご相談ください
介護関係
寄付・収集物品
個人情報の取扱い
お問い合わせ
ボランティア
ってなぁに?
湖西市
ボランティア
ネットワーク
 ボランティア
ネットワーク
登録申請
 ボランティア
ネットワーク
だより
ボランティア
相談 
 ボランティア
保険


 「VOLUNTEERE(ボランティア)」という意味は、ラテン語で「VOLO(ヴォロ)」、英語で「WILL」で、「自分で○○する」という意味です。
 ボランティアとは、自発的な行動を示すもので、義務でも、誰かに強制される物でもありません。
 あなたが持っている「思いやりの心」を自分以外の人・生物・自然・環境、つまりは社会にわけることです。

◆ボランティアの心得

 1 相手の立場を考えて活動する
 ボランティアの活動には相手があります。相手が何を求めているのかを常
に考える、心配りを忘れずに行動することです。
 まず、相手の気持ちを大切にすることから活動を始めましょう。善意の押
しつけは困ります。
2 約束を守り、責任ある行動をする
 「ボランティアは頼りにならない」と、ある施設の職員が話していました
。約束を破って休んだり、責任を果たさなかったりする人がいるために、こ
のような言葉が出るのでしょう。
 実りある活動にするには、小さな事でも約束を果たし、責任を持って行動
をすることが大切です。約束を守るということは、活動における信頼関係を
強めるということにつながります。
3 学習し、自分を成長させる
 実際の活動にあたっては、活動先のことや活動内容などについて事前に学
習をしておきましょう。
 活動する上で、知識・技術を高めていくことによって活動に広がりが生ま
れてきます。
 
4 活動を記録する
 自分の活動を記録して、活動の振り返りをしましょう。自分の活動を見直
すことは、次の活動を考えることにもなります。
 ◆ボランティアは、自分のためにもなります

 ☆いろいろな人と知り合える
  障がいのある方や、子どもからお年寄りまで幅広く交流ができます。

 ☆新しい世界が広がる
  学校や家だけの世界ではない、世の中が見えます。

 ☆社会の仕組みがわかってくる
  日常生活の中では気がつかなかった仕組みがわかります。

 ☆もう1人の自分に出会える
  こんな自分がいたのか・・・と新たな発見ができます。

 ☆積極的な気持ちになれる
  なんでもやってみよう!!という気持ちになれます。



Copyright <Kosai City Council of Social Welfare. All Rights Reserved.>